2015年6月30日火曜日

落石ネイチャークルーズAM+PM便 446,768

2015年6月29日(月) Byイーグル
強い北風がまだ吹き付ける肌寒いAM便となりました。ただ、徐々に風は弱まってきました。エトピリカはポイントに着くとすぐ見つかりましたが、距離があり、よく潜ったり飛んだりで、なかなかゆっくり見せてくれません。25分ほど粘り、何とか20m位で観察。悪コンディションの中ではこれが限界でした。
PM便は少し天候が好転。クルーズの後半では、気温も上がってきました。ウミガラス・ハシブトウミガラスの両方が1回のクルーズで見られたのは珍しい事です。ウミスズメも姿を現してくれました。また、ウトウの若鳥が現れたり、エトピリカのほとんど冠羽のない3年目くらいの個体が現れたり、今日は「海水温上昇の気配」が感じられたクルーズとなりました。

<AM便>
オオハム(亜成鳥1)
フルマカモメ(10+)
ハイイロウミスズメ(1)
ウミウ
ヒメウ
オジロワシ(1)
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウミガラス(夏1)
ケイマフリ(100+)
ウトウ(150+)
エトピリカ(3)
**ラッコ(3)
**アザラシ(30+)

<PM便>
フルマカモメ(5+)
ウミウ
ヒメウ
オジロワシ(4)
ウミネコ
オオセグロカモメ
ウミガラス(2)
ハシブトウミガラス(1)
ケイマフリ(50+)
ウミスズメ(6)
ウトウ(100+)
エトピリカ(9)

フルマカモメ
Northern Fulmar
エトピリカ
Tufted Puffin

エトピリカ
Tufted Puffin

アザラシ
ケイマフリ
Spectacled Guillemot

ケイマフリ
Spectacled Guillemot
いつも可愛い!
ケイマフリ
Spectacled Guillemot
ハシブトウミガラス
Brunnich's Guillemot
ハシブトウミガラス
Brunnich's Guillemot
体側は白い。
フルマカモメ
Northern Fulmar
近い!
ウミガラス
Cpmmon Guillemot
ウミガラス
体側にはみやもや模様が見られます。
エトピリカ
Tufted Puffin
冠羽がほとんどない。3-4年目の若い個体と思われます。
冠羽がほとんどないエトピリカ。
やっと若い個体が沿岸部に近づいてくるようになりました。海水温上昇の兆しが見られました。
冠羽がほとんどないエトピリカ。

0 件のコメント:

コメントを投稿