2018年6月17日日曜日

番外編:末長周辺  アオバズク! 743,803

2018年6月17日(日)
【川崎市高津区末長 自宅周辺】   Byイーグル
今朝も2時間に渡り日課の「野鳥ウォーク」に精を出しました。
8年間の道東生活は戦いの連続であり、不規則な生活が続きました。
今般、自宅に戻り、家族に囲まれ、食事面や精神面も安定した生活に戻ることが出来ました。
ここ2か月半、毎朝励行している野鳥観察を兼ねたウォーキング。
名付けて「イーグル野鳥ウォーク」。
毎朝6時から、自宅周辺を2時間かけて、約1万歩をゆっくり刻みます。
渋谷から20分という立地ですが、自宅周辺にはまだまだ自然が一杯。
毎日、定番の野鳥+思いがけない野鳥との出会いに胸が躍ります。

その上、食事面での改善もあり、体重はここ2か月で8kg減。
減量にともない、以前より体の活力も高まってきたような気がします。

さて、今朝は定番のオナガ(Azure-winged Magpie)、メジロ(Japanese White-eye)に加え、アオバズク(Brown Hawk Owl)に偶然出会いました。
5月に南から渡ってきて、自宅周辺でも繁殖している様です。8月頃まで、また一つ楽しみが増えました。

今朝は19種観察できました。

<観察種>
カワウ(f1)            Great Cormorant
ワカケホンセイインコ(f4)   Indian Rose-necked Parakeet *  東工大から来た?
オナガ(2)            Azure-winged Magpie
アオバズク(1)         Brown Hawk Owl
モズ(♂1)            Bull-headed Shrike
メジロ(2)            Japanese White-eye
ウグイス(1)          Japanese Bush Warbler
シジュウカラ(2)         Eastern Great Tit
カワラヒワ(2)          Oriental Greenfinch
コゲラ(1)            Japanese Pygmy Woodpecker
ハクセキレイ(1)        White Wagtail
スズメ(10+)          Eurasian Tree Sparrow
ムクドリ(30+)         White-cheeked Starling
ヒヨドリ(3)           Brown-eared Bulbul
キジバト(5)          Oriental Turtle Dove
ツバメ(10+)         Barn Swallow
ハシボソガラス         Carrion Crow
ハシブトガラス          Large-billed Crow
ガビチョウ(1)         Hwamei

ワカケホンセイインコ(Psittacula krameri manillensis)は、ホンセイインコ(Psittacula krameri )の亜種で、 本来インド南部やスリランカに生息している緑色の鳥です。原産地では、主に低地の半砂漠から二次的な明るいジャングルにかけて生息していますが、標高1,600mのような標高の高い場所にも分布しているようです。日本には飼い鳥として持ち込まれたものが逃げ出したりして、1960年代に入ってから関東地方などで野生化し始めたと考えられています。今まで関東のほかにも名古屋や大阪、新潟等でも記録があります。東京都では大田区の東京工業大学構内のイチョウ並木にねぐらがあり、夕方になると1,000羽を超えるワカケホンセイインコが毎日集結します(2016年現在、ねぐらが移動しています)。 <日本鳥類保護連盟HPより>

オナガ
Azure-winged Magpie

アオバズク
Brown Hawk Owl

オナガ
Azure-winged Magpie



キジバト
Oriental Turtle Dove




 

2018年6月9日土曜日

番外編:今日のオナガ(Azure-winged Magpie)741,849

2018年6月9日(土)
【杉山神社周辺】  Byイーグル
今日も朝6時から自宅近隣をウォーキング。
今日も普通種中心でしたが、オナガは今日も杉山神社の周囲で活発に活動していました。
ツバメの若鳥たちも日に日に大きく育って来ています。
<観察種>
ウグイス      Japanese Bush Warbler
ムクドリ     White-cheeked Starling
ヒヨドリ      Brown-eared Bulbul
ハクセキレイ  White Wagtail
スズメ       Eurasian Tree Sparrow
キジバト      Oriental Turtle Dove
シジュウカラ(1) Eastern Great Tit 
メジロ(1)     Japanese White-eye
カワラヒワ(2)  Oriental Greenfinch
オナガ(4)     Azure-winged Magpie
ツバメ(6)     Barn Swallow
コゲラ(1)     Japanese Pygmy Woodpecker
*ガビチョウ(2)   Hwamei

 *ガビチョウ=「和名は中国名の漢語表記(ただし中国正式名は画眉のみで鳥は付かない)を日本語読みにしたもの。英名も中国名そのままのHwameiであるが、Melodious Laughingthrush, Chinese Laughingthrush という別名もある。 なお中国名の由来は、眼の周りにある眉状の模様から。」
 *「中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息する。 日本では、ペットとして輸入された個体がかご抜けにより定着した。日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。日本国内では留鳥として生息し、南東北、関東、中部、九州北部で見られる。本種が多く観察されるポイントとして、東京都内では高尾山が有名である。南東北への侵入が確認されたのはごく最近であり、関東地方から分布を広げてきたようだが、地上採食性なので積雪による影響を考えるとこれ以上の北上はないとされている。なお日本以外にハワイ諸島にも侵入している。」
 *Wikipediaより

ムクドリ
White-cheeked Starling
スズメ
Eurasian Tree Sparrow

カワラヒワ
Oriental Greenfinch

ツバメ(若)
Barn Swallow

ツバメ
Barn Swallow


オナガ
Azure-winged Magpie

今日は三重塔のてっぺんにいました。


オナガ
Azure-winged Magpie

民家のすぐそば。
オナガ
Azure-winged Magpie

こんな顔しています。

オナガ
Azure-winged Magpie

下面はこんな感じ。

杉山神社

明鏡寺


















ガビチョウ
Hwamei

声は大きく近い。住宅街にもいます。でも、警戒心が強く、なかなか撮影させてくれません。
まるでエゾセンニュウみたい。

2018年6月8日金曜日

番外編:自宅周辺(川崎市高津区末長町) 741,551

2018年6月8日(金)
【末長町】   Byイーグル
快晴。朝から25℃越え。明日から台風の影響で天気は下り坂。
今日はオナガが6羽も観察できました。末長杉山神社周辺のおきまりの場所。電線や民家のTVアンテナによくとまります。時には墓石の上にもとまります。罰当たりですね。
その他、モズの姿も見かけました。
<観察種>
ウグイス
ムクドリ
ヒヨドリ
ハクセキレイ
スズメ
キジバト
シジュウカラ(1)
メジロ(1)
オナガ(6)
ツバメ(10)
モズ(1)



 オナガ
Azure-winged Magpie





ツバメ(若)
Barn Swallow

モズ(♂)
Bull-headed Shrike




2018年6月7日木曜日

番外編:末長杉山神社周辺(自宅周辺) 740,711

2018年6月7日(木)
<神奈川県川崎市高津区 末長杉山神社周辺>   BYイーグル
番外編です。自宅近くの小さな神社、末長神社の周辺はまだ畑が残る良い環境。
毎朝、6時から日課のウォーキングで通りかかります。
今朝はコンデジ持参でちょっとじっくり野鳥観察してみました。
近所に多いオナガ(Azure-winged Magpie)。今日も見かけましたが、雨上がりのためか、羽毛が濡れていていつもの美しさが半減でした。
コゲラもいましたが、コンクリートの電柱の上にとまったりしていました。都会ならでは?
<観察種>
ウグイス
ムクドリ
ヒヨドリ
ハクセキレイ
スズメ
キジバト
シジュウカラ(1)
メジロ(2)
オナガ(1)
ツバメ(5)
*ガビチョウ(2)
コゲラ
Japanese Pygmy Woodpecker
東急田園都市線梶が谷駅周辺末長一帯。
渋谷から20分のベッドタウンですが、まだまだ畑が多い。

メジロ
Japanese White-eye


キジバト
Oriental Turtle Dove

ツバメ
Barn Swallow

ムクドリ
White-cheeked Starling


オナガ
Azure-winged Magpie

住宅街におります。
ガビチョウ

多い

2018年6月4日月曜日

スランプから復活。番外編:神奈川県多摩川登戸堰。739,737

2018年6月4日(月)
<番外編:神奈川県多摩川>    Byイーグル
長かった家庭のスランプを脱しつつあります。
ただ、4月に10年ぶりに神奈川県の自宅に戻ったので、「道東」の野鳥情報はたまにしか掲載できません。夏休み・冬休みには道東に長期滞在の予定です。

そうすると、番外編が増えそうなので、このブログをどう取り扱うか? タイトルどうしようか悩んでいます。

ま、当面、兎に角、どこかに野鳥を見に行ったら番外編でも掲載してゆこうと考えています。
*************************************
 今日は神奈川県に戻って初めての「一人でじっくり探鳥」。多摩川の登戸堰周辺をウロウロしてきました。
気温は30℃はあったと思われます。野鳥たちもハアハアあえいでいる様子でした。
ただ、「堰」の部分だけは一服の清涼剤。婚姻色の美しいコサギたちを楽しむことが出来ました。
<観察種> *観察順  全15種...
ダイサギ(1)     Great White Egret
コサギ(10+)    Little Egret
アオサギ(5)     Grey Heron
コアジサシ(15+)  Little Tern
カワウ (20+)   Great Cormorant
ツバメ(5)       Barn Swallow
ヒヨドリ(5)     Brown-eared Bulbul
ムクドリ(20)    White-cheeked Starling
カルガモ(10+)   Eastern Spot-billed Duck
イカルチドリ(2)   Long-billed Ringed Plover
スズメ(10+)    Eurasian Tree Sparrow
シジュウカラ(2)    Eastern Great Tit
キジバト(3)     Oriental Turtle Dove
ハシブトガラス(1)  Large-billed Crow
ハシボソガラス(2)   Carrion Crow

多摩川登戸付近
ムクドリ
White-cheeked Starling
暑さでヘロヘロ状態。
コアジサシ
Little Tern
が繁殖している堰。
コアジサシ
Little Tern
距離は300m。

コアジサシ
Little Tern
餌を捜索中。

 
Little Egret
コサギ

コサギ

キジバト
Oriental Turtle Dove