2017年3月19日日曜日

春採湖 シマエナガ! 632,660

2017年3月18日(土)
<釧路・春採湖>   By イーグル
 釧路に引っ越しをほぼ完了しました。(3月21日に根室で小学校の卒業式がありますが)
 早速、新居から車でわずか5分のところにある「春採湖(はるとりこ)」で一人で初探鳥を楽しみました。まだ、全面氷結しており、鳥影は薄かったのですが、1時間半かけて湖を1周してみました。
 記念すべき釧路での最初の野鳥は、なんと「シマエナガ(Long-tailed Tit)」でした。6羽の群れ。すごく幸先がいい!
その他、シメ(Hawfinch)、ゴジュウカラ(Eurasian Nuthatch)、ハシブトガラ(Marsh Tit)、シジュウカラ(Japanese Tit)、トビ(Black-eared Kite)など。...
 

当面、春採湖や釧路市森林公園などをマイ・フィールドにして新しい活動を始めたいと思います。

シマエナガ
Long-tailed Tit
シマエナガ
Long-tailed Tit


春採湖

春採湖

春採湖

石炭運搬列車がきた。


シメ
Hawfinch

ハシブトガラ
Marsh Tit

トビ
Black-eared Kite

2017年3月6日月曜日

落石ネイチャークルーズAM便 629,154

2017年3月6日(月)
<落石ネイチャークルーズAM便>    Byイーグル
  3月3日―5日の3日間、釧路へ行っていました。その間4日と5日の2回の運航がありましたが、エトロフは発見できずとのこと。今日こそは!の意気込みで臨みましたが、今日は海が穏やかすぎて海鳥の数が激減。エトロフウミスズメも発見することができませんでした。
 ドイツや沖縄など遠い所からお越しいただきましたお客様やFacebook友達にもご乗船いただきましたが、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。また、これに懲りず、お越しいただければありがといと思います。
  鳥の数は少な目でしたが、ウミバトの数が多く、アリューシャン型・チシマ型両方の換羽中の様々な羽衣を見る事ができ、個人的には大変興味深いクルーズではありました。ケイマフリ・ウミスズメ・コウミスズメなども健在です。
 後半はラッコやアザラシも出てくれ、それなりにバラエティに富んだ内容となりました。
 下船後ですが、エトピリ館の正面の上空をワタリガラスが変な声を張り上げながら通過して行ったのが印象的でした。

【観察種】
ミミカイツブリ(1)   Slavonian Grebe
アカエリカイツブリ(2)   Red-necked Grebe
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ(3)   Whooper Swan
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ(♂3+♀1)  White-winged Scoter
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
トビ      Black-eared Kite
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミバト(7)    Pigeon Guillemot    *チシマ型4+アリューシャン型3
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ    Ancient Murrelet
コウミスズメ(100+)   Least Auklet
ワタリガラス (f1)   Northern Raven

 **ラッコ(2)
**ゼニガタアザラシ(15+)

ウミバト Pigeon Guillemot
チシマ型

ウミスズメ
Ancient Murrelet

コウミスズメ
Least Auklet


ウミバト
Pigeon Guillemot
チシマ型

ウミバト
Pigeon Guillemot

アリューシャン型

ウミバト
Pigeon Guillemot


アリューシャン型


同上
ウミバト
Pigeon Guillemot

アリューシャン型

すぐ船べりに。



ウミバト
Pigeon Guillemot

ウミバト
Pigeon Guillemot






2017年2月28日火曜日

落石ネイチャークルーズAM 626,166

2017年2月28日(火)
<落石ネイチャークルーズAM便>     Byイーグル
  今日も台湾人、マレーシア人、日本人などの混成クルーズとなりました。今年はとにかく外国人のクルーズ利用客が急増しています。以前は日本人のお客様に対する日本語での海鳥解説が主体で、それに英語で解説を付け足す感じでガイドしていました。ところが最近では英語のガイド・解説の方が主体で、後でそれを日本人のお客様に日本語訳しているケースが増えてきています。
  日本人客には常連さんが多くなっている事と外国人利用客の質問が深く高度なものが多いからだと思われます。今日も、台湾人のお客様から「ウミバト亜種の識別に関する質問」や「アメリカビロードキンクロの識別方法の質問」などが飛び出し、ついつい英語での解説時間が長くなってしまいました。その間、日本人のお客様の疑問にはお答えできません。一生懸命、日本語・英語での解説を交互に切り替えながらガイドしていますが、外国人比率が今の2倍以上に高まったら(近い未来だと推測されます)、もう一人で対応することは不可能かもしれません。
その意味でも、英語のできるガイドさんの育成が急務となって来ています。

  今日はべた凪。海がとても穏やかな反面、海鳥は極端に少なくなっていました。
それでも、ウミスズメ・ウミガラス・ウミバト2亜種・ケイマフリ・コウミスズメなどを中心にかなりじっくりと観察・撮影していただきました。
 皆様のお目当ては、エトロフウミスズメ)(1)でした。七つ岩を中心に、その沖合も含めかなりのテンションで捜索しましたが、エトロフは現れてくれません。それでもあきらめずに捜索。とうとう七つ岩で葉発見できず。その後、一度、沖合に出てみましたが結果は同じ。仕方なく、モユルリ島南の浅いところを中心に再度挑戦。あきらめかけた時、1羽のエトロフが海中から浮かび上がってきました。まさに奇跡です。何どもなんどもすぐに潜ってしまう厄介な個体でしたが、お客様は大喜び。皆様、熱心に観察・撮影なさっていました。

 その他、今日は1羽のウトウが戻って来ていました。また、アメリカビロードキンクロをまた確認いたしました。落石「や根室半島の近海には、以前から相当数のアメリカビロードキンクロが飛来しているのではないかと推測し始めています。今後、要注意で観察してゆこうと思います。

【観察種】
アカエリカイツブリ(2)   Red-necked Grebe
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ(6)   Whooper Swan
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ(10+)  White-winged Scoter
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ヨシガモ     Falcated Duck
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
トビ      Black-eared Kite
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミガラス(2)    Common Guillemot
ウミバト(4)    Pigeon Guillemot    *チシマ型2+アリューシャン型2
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ    Ancient Murrelet
エトロフウミスズメ(1)  Crested Auklet
コウミスズメ(100+)   Least Auklet
ウトウ(1)
**ラッコ(2)

無風。鏡の様な落石漁港。
ウミスズメ
Ancient Murrelet


ケイマフリ
Spectacled Guillemot



アメリカビロードキンクロ
White-winged Scoter


アメビロ

頭の形に注目。


アメビロ ♂

ウミバト。アリューシャン型
Pigeon Guillemot




ウミバト チシマ型
Pigeon Guillemot
エトロフウミスズメ
Crested Auklet


船べりのエトロフウミスズメ
Crested Auklet


ビロードキンクロ
White-winged Scoter

アジア型

エトロフが出ると、ガイド役もほっとしてこんな笑顔になってしまいます。

連日1-2便をガイド中。









2017年2月26日日曜日

落石ネイチャークルーズAM便 625,576

2017年2月26日(日)
<落石ネイチャークルーズAM便>     By イーグル
 今日は満席の12名のお客様にご乗船いただきました。
快晴、気温0℃とまずまずの天気でしたが、運航の途中で風向きが変化。それを境に鳥の数が減少。後半苦戦する展開となりました。
 コウミスズメの数は相変わらず多かったのですが、エトロフウミスズメは見つかりませんでした。いつも良く現れるウミガラスもほとんど姿を現しませんでした。ウミバト・ケイマフリは好調。
また、今日は本当に久々にビロードキンクロ(White-winged Scoter)のアメリカ型を識別することが出きました。アジア型の♂♀と一緒に行動していました。距離は100mとかなりありましたが、双眼鏡で両者のくちばしの色のパターンの違いを識別・区別することが出きました。

【観察種】 
オオハム(1) Black-throated Diver (Arctic Loon)
シロエリオオハム(1)  Pacific Diver/Loom
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ(16)   Whooper Swan
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ  White-winged Scoter(8)  *うち1羽はアメリカビロードキンクロ(♂)でした。
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ヨシガモ     Falcated Duck
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミガラス(1)    Common Guillemot
ウミバト(3)    Pigeon Guillemot    *チシマ型2+アリューシャン型(夏羽1+冬羽1)
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ(2)    Ancient Murrelet
コウミスズメ(100+)   Least Auklet

ケイマフリ
Spectacled Guillemot




シロエリオオハム
Pacific Diver/Loom

*七つ岩の上空。


ビロードキンクロ
White-winged Scoter

*左から、アメリカ型(♂)、アジア型(♂)、アジア型(♀)


ビロードキンクロ
White-winged Scoter

*左側がアメリカ型
*くちばしの外縁部が赤い。
*アメリカ型のビロードキンクロ

*くちばしの外縁部が赤い。

左がウミバト(Pigeon Guillemot)
*チシマ型


*左:コウミスズメ
*右:チシマ型ウミバト


アリューシャン型ウミバト。

2017年2月25日土曜日

落石ネイチャークルーズAM便 624,726

2017年2月24日(金)
<落石ネイチャークルーズAM便>    Byイーグル
 南の風9mの強風。波も3m。快晴でしたが、欠航すれすれの悪条件でした。
にもかかわらず、スウェーデン・英国・カリフォルニアからのベテランバーダーさん3名がどうしても出たいということで、条件付きながら運航いたしました。
小さなカメラしか持たず、もっぱら識別に命をかける純粋バーダーさんだけのクルーズでした。皆さん、知識・経験ともにかなりの猛者とお見受けしました。
 2時間半の運航中、本当に凄い波の連続でした。が、誰一人として船酔いする方もなく、最後までハイテンションの識別合戦が続きました。日本の海鳥ガイドの実力を試すかの様な質問も次々と飛び出します。こちらも乗船回数800回のガイドです。お互い負けられない気持ちのぶつかり合いが続きました。ターゲットはケイマフリ・コウミスズメ・エトロフウミスズメでした。完勝!!
 本当に久しぶりに撮影を意識しない双眼鏡主体のクルーズでした。悪条件の中での緊張感あふれる英語でのやり取り。とても新鮮でした。
 ターゲット・バードはすべてクリア。エトロフは3回出ましたが、すべて自分が見つけました。
クルーズの終盤には、自分の力も認めてくれ、非常に和やかな雰囲気の中、専門的なやり取りが続きました。下船後には、名刺を要求され、握手握手。
再会を期して、笑顔でお見送りいたしました。気分爽快!

【観察種】 
シロエリオオハム  Pacific Diver/Loom
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ(15+)  White-winged Scoter  *遠かった!
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ヨシガモ     Falcated Duck
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
トビ      Black-eared Kite
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
カモメ      Common Gull
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミガラス(1)    Common Guillemot
ハシブトウミガラス(1)   Brunnich's Guillemot
ウミバト(2)    Pigeon Guillemot    *アリューシャン型1+チシマ型1
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ    Ancient Murrelet
エトロフウミスズメ(3)   Crested Auklet 
コウミスズメ(100+)   Least Auklet

ウミスズメ
Ancient Murrelet

ハシブトウミガラス
Brunnich's Guillemot


エトロフウミスズメ
Crested Auklet

2017年2月23日木曜日

落石ネイチャークルーズ(AM+PM便)624,262

2017年2月23日(木)
<落石ネイチャークルーズAM+PM便>   By イーグル
 今日はAM便+PM便2便のガイドをして来ました。
 正直、この時期の2便ガイドはかなりハードです。吹きっさらしの船首に立ち、1便2時間半にわたり、次々と現れる海鳥を瞬時に識別し、種名と数をお客様に方向・距離とともにお伝えする。単純な作業の繰り返しが2時間半ずっと続きます。これが落石ネイチャークルーズの乗船ガイドの仕事です。単純ながらもかなりの集中力・識別力・決断力を要求されます。また、昨今では、年間1,000名のお客様の約20%が外国からの海鳥ファンであり、日本語に加え英語での素早いコメントも要求されます。厳冬期の船上での体感温度はマイナス10℃以下。今日のように「ダブルの日(=1日2便ガイドする日)」は家に帰るともうぐったり。熱いお風呂に浸かって、美味しいものを食べて寝る。(その前に本ブログの作成がありますが。。。) 本当にハードですが、何物にも代えがたい幸福感に満ちた生活です。兎に角、海鳥が好きでなければ務まりません。ここ7年間で800回以上乗船し、約2,000時間にわたりそのようなガイドを続けているわけですが、飽きることは全くなく、落石の海には、まだまだ尽きない魅力を感じています。

 今日は何といっても、エトロフウミスズメ。AM便・PM便ともに発見。最短4mの至近距離を含め観察・撮影のお客様方に楽しんでいただきました。
 エトロフウミスズメは冬の落石のスターバードです。夏はエトピリカ(やツノメドリ)がスターバードですが、両者に共通することは、現れた瞬間を境に船内の雰囲気がぱっと明るく和やかになることです。
 このように、人々を明るく和やかにする事ができる落石の海鳥。そしてそれを可能にしている落石ネイチャークルーズ。いまだに地元の人々が気付きもしない「宝物」が根室にはあるのです。


【観察種(AM)】
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ   Whooper Swan
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ  White-winged Scoter 
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ヨシガモ     Falcated Duck
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
カモメ   Common Gull
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミガラス(5)    Common Guillemot
ウミバト(4)    Pigeon Guillemot    *チシマ型2+アリューシャン型2
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ    Ancient Murrelet
エトロフウミスズメ(1)    Crested Auklet
コウミスズメ(200+)   Least Auklet
**ラッコ (1)

【観察種(PM)】
ミミカイツブリ(4)    Slavonian Grebe
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
オオハクチョウ   Whooper Swan
スズガモ    Greater Scaup
クロガモ    Black Scoter
ビロードキンクロ  White-winged Scoter 
シノリガモ     Harlequin Duck
コオリガモ     Long-tailed Duck
ホオジロガモ  Common Goldeneye
ヨシガモ     Falcated Duck
ウミアイサ   Red-breasted Merganser
オジロワシ   White-tailed Sea Eagle
オオワシ     Steller's Sea Eagle
カモメ   Common Gull
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ     Glaucous-winged Gull
シロカモメ     Gloucous Gull
ウミガラス(5)    Common Guillemot
ハシブトウミガラス(2) Brunnich's Guillemot   
ウミバト(4)    Pigeon Guillemot    *チシマ型3+アリューシャン型1
ケイマフリ    Spectacled Guillemot
ウミスズメ    Ancient Murrelet
エトロフウミスズメ(4)    Crested Auklet
コウミスズメ(200+)   Least Auklet

ウミスズメ
Ancient Murrelet


ケイマフリ
Spectacled Guillemot

ウミガラス
Common Guillemot


エトロフウミスズメ
Crested Auklet

コウミスズメ
Least Auklet
ハシブトウミガラス

Brunnich's Guillemot
コウミスズメ
Least Auklet
エトロフウミスズメ
Crested Auklet


エトロフウミスズメ
Crested Auklet


オオハクチョウ
Whooper Swan