2014年6月15日日曜日

落石ネイチャークルーズ328,017

2014年6月15日(日)    気温12℃。風・うねりあり。
<落石ネイチャークルーズAM便>  By イーグル
 本当に久しぶりに運航することが出来ました。
 まだまだ、うねりが大きく皆様苦労なさってましたが、エトピリカの姿が見えると、一瞬にして船内が盛り上がります。今日の個体は5羽。近くへ浮かんだり、沖へ飛んで行ったかと思うと、我々ん船に向かって飛んで来たりと、なかなかサービスの良いエトピリカ達でした。まだまだ個体数が少なく見つけるのに時間がかかっていますが、6月下旬にかけて一気にエトピリカの数が増えてくると予想しています。観察のピークは7月ですが、8月下旬まで観察は十分可能です。エトピリカをまだご覧になってない方、今年の夏は落石ネイチャークルーズで是非とも夢を叶えてください。ちなみに船が就航すれば、ほぼ100%エトピリカは観察されています。
 今日は更にアビ類3種(オオハム・シロエリオオハム・アビ)がすべて観察出来ました。写真は夏羽のシロエリです。夏羽は本当に美しく、何回見てもほれぼれ致します。
 小さくて可愛いウミスズメ、仲睦まじく求愛行動を繰り返すケイマフリの姿もとてもよく見ることが出来ました。ケイマフリのまるで小鳥のような可憐な「さえずり(!)」も船から良く聞こえました。
≪確認種≫
アビ(夏1)
オオハム(夏1)
シロエリオオハム(夏2)
ハシボソミズナギドリ(2)
ウミウ
ヒメウ
チシマウガラス(1)
オジロワシ(1)
ウミネコ
オオセグロカモメ
ケイマフリ(80+)
ウミスズメ(15+)
ウトウ(200+)
エトピリカ(5+)
アマツバメ(10+)
**以下写真はCanon PowerShot SX50HSで撮影。動きのある被写体にもかなり使える。
ウトウ (ライノ)

ウミスズメ。何度も現れました。

良く潜りますが、息が続かず、すぐに浮かんできます。

ケイマフリ。離水の瞬間をキャッチ!

仲睦まじいケイマフリのカップル。

エトピリカ。今日は25mくらいまで来てくれました。

すっかりリラックス。我々の目の前で、水浴びを始めました。

船に向かって飛んでくる。エトピリカ飛行部隊。人間様にかなり興味があるようです。

エトピリカの偵察飛行。こちらを見ているのが良くわかります。

ウトウ・ケイマフリに比べて、エトピリカはかなり高い所を飛びます。顔の白さが遠目にもよくわかります。

エトピリカが向かってくるときの感動・興奮は言葉にならない。

シロエリオオハムの離水。

シロエリオオハムもかなりの助走が必要です。

夏羽は本当に美しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿