2014年6月17日火曜日

根室半島東部巡回(桂木~歯舞) 328,599

2014年6月17日   報告: 根室市自然野鳥観光推進員S.A

<桂木~南部沼>
ウミウ
タンチョウ A2
カッコウ
オオジシギ
ウミネコ
オオセグロカモメ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ウグイス
シマセンニュウ
エゾセンニュウ
コヨシキリ
ノビタキ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン





















※釣りにいらした方がタンチョウの写真を撮るために車で近づいたら
 1羽が車のほうにいき周りで警戒の声で鳴きだしました。
 このつがいは雛を連れていませんでしたが、この時期、タンチョウのつがいが
 いた場合は少しの思いやりと我慢を持ってその場から離れていただければ。
 特に、雛がいた場合、一つの方向を遮断されてしまうと危険がせまったときの
 逃げ場を失うことにもなりかねません。
 自然はやさしい気持ちで楽しみたいものです。
警戒のため車に近づいてきたタンチョウ
















<根室市双沖>
ショウドウツバメ
コヨシキリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ


<歯舞湿原(根室市歯舞)>
ワタスゲが高層湿原一面に広がり、湿原に目を凝らすと
イソツツジやコケモモなどの花がひっそりと咲いています。
歯舞湿原














カッコウ
オオジシギ
ハシブトガラス
ヒバリ
ショウドウツバメ
ウグイス
マキノセンニュウ
シマセンニュウ
コヨシキリ
ゴジュウカラ
ノビタキ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン
イソツツジ














コケモモ
















<北方原生花園>
根室十景の一つになっている「北方原生花園」。
季節には、ヒオウギアヤメをはじめ、オレンジ色のエゾカンゾウなど
約100種類にも及ぶ花々が、初夏から秋にかけて咲き誇ります。
合わせて、強い北風にうたれて曲がりながら育つ「ミズナラの風衝林」も見られ、
その厳しい自然を感じさせてくれます。
ミズナラの風衝林














カッコウ
オオジシギ
ハシブトガラス
ヒバリ
ウグイス
シマセンニュウ
ノビタキ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
シマセンニュウ
















<根室市牧の内>
カッコウ
オオジシギ
ハシブトガラス
ウグイス
センダイムシクイ
エゾセンニュウ
コヨシキリ
ノゴマ
ノビタキ
カワラヒワ
ベニマシコ
アオジ
オオジュリン
ノゴマ

0 件のコメント:

コメントを投稿