2016年12月17日土曜日

落石ネイチャークルーズ(PM))601,221

2016年12月17日(土)
<落石ネイチャークルーズPM便>    By イーグル
 今日は久しぶりに落石ネイチャークルーズのガイドをやりました。
日本人ばかり4名様。本州からの有名なカメラマンさんにもご乗船いただきました。
 今日は快晴。波少々,風少々のまずまずのコンディション。
 海鳥の出方も抜群に良かった。この時期に期待される種はほぼすべて出たと言っても過言ではありませんでした。
 特にウミバトが多く、「ウミバト祭り」の様相を呈していました。この時期はもともとウミバトの増えてくる時期ですが、それにしても今日はすごかった。少なくカウントしても12-13羽のウミバトが次々に現れました。ほとんどが、チシマ型(C.c.snowi)の非繁殖羽でした。ケイマフリの非繁殖羽と識別が難しい「例のウミバト」です。大雨覆に白いパッチのあるアリューシャン型(C.c.kaiurka)は2羽しかいませんでした。
ウミバトが数の上でケイマフリを圧倒している今の落石の状況は、世界的に見ても、とてもユニークな状況だと思います。
 その他、ウミガラス、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、チシマウガラスなども現れ、極寒の海上で船内は熱く盛り上がりました。

【観察種】
オオハム(1)   Black-throated Diver (Arctic Loon)
シロエリオオハム(3)   Pacific Diver/Loom
アカエリカイツブリ   Red-necked Grebe
ウミウ   Temminck’s Cormorant
ヒメウ    Pelagic  Cormorant
チシマウガラス(1)   Red-faced Cormorant
スズガモ     Greater Scaup
クロガモ      Black Scoter
シノリガモ   Harlequin Duck
コオリガモ   Long-tailed Duck
ホオジロガモ   Common Goldeneye
ウミアイサ    Red-breasted Merganser
オジロワシ    White-tailed Sea Eagle
カモメ    Common Gull
オオセグロカモメ    Slaty-backed Gull
ワシカモメ      Glaucous-winged Gull
シロカモメ      Gloucous Gull
ミツユビカモメ   Black-legged Kittiwake
ウミガラス(5)    Common Guillemot
ハシブトウミガラス   Brunnich’s Guillemot
ウミバト (チシマ型10羽)+ア(リューシャン型2羽)  Pigeon Guillemot
ケイマフリ      Spectacled Guillemot
ウミスズメ      Ancient Murrelet
***ゼニガタアザラシ
***ラッコ(1)

コオリガモ
Long-tailed Duck

海上では「コオリ(氷)」の破片が浮いている様です。

ウミガラス
Common Guillemot


2羽のウミガラス。
Common Guillemot

仲が良い。

ウミガラス
Common Guillemot

求愛中?



ユルリ島の野生化した馬が見えました。

ケイマフリ
Spectacled Guillemot


ウミバト
Pigeon Guillemot



ウミバト
Pigeon Guillemot
ウミバト
Pigeon Guillemot

チシマ型


ハシブトウミガラス
Brunnich's Guillemot

ケイマフリとウミバトが並んでいる。

珍しい!

やはり、ウミバトの方が、「少し小さい」「クチバシも短い」
ウミバト
Pigeon Guillemot

チシマ型


ウミバト
Pigeon Guillemot


アリューシャン型
ウミバト
Pigeon Guillemot



ウミバト
Pigeon Guillemot

ウミバト
Pigeon Guillemot


ウミバト
Pigeon Guillemot

チシマ型




ウミスズメ
Ancient Murrelet



チシマウガラス
Red-faced Cormorant

くちばしの「稜線」に黒い線がある。これが重要な識別ポイントである。


チシマウガラス
Red-faced Cormorant


日本最高の希少種の一つです。











0 件のコメント:

コメントを投稿