2011年3月25日金曜日

2011年3月24日(木)   42,275
<羅臼知床ネイチャークルーズ情報>
イーグルさま
大変お世話になっております。
知床ネイチャークルーズの大木です。
本日より、当社で配信しておりますニュース本文と写真を
メールにて転送させて頂きます。
鳥類に関しても、まだまだ勉強中ではありますが
どんどん配信していきたいと思っておりますので、
今後ともよろしくお願い致します!
--------
「夢か幻か、いや現実です」
本日は、Evergreenはお客様の需要がなく出航はありませんでした。
なので・・・ゴジラ岩観光さんからお誘いで同乗させてもらいました^^
流氷は昨日よりも羅臼側に近いですね!
港から出て、約8キロ地点で流氷本体へ到達。

流氷に到達するまでにミンククジラ2頭確認出来ました♪
今年初ミンククジラにテンションは上がり。

※110324ミンク
メインはアザラシ撮影だということなので、アザラシ探しです。
探しだすと、いるいるクラカケアザラシがー!!
全体的に広く分散しており、天気が良くみんなしっかり毛が乾いているようで
遠くにいてもこの独特な模様がよく見えました。

※110324クラカケ
休み休みに探していたので、全部とまではいきませんが・・・
ざっと数えて、アザラシは全部で約60頭ほどはいたと思います。
その中でクラカケアザラシが約50頭ほど、その他種類が定かでないアザラシ約10頭
そしてゴマフアザラシ2頭は確認出来ました。もっともっとしっかり探したら・・・!?

鳥類は、ウミガラス類が20羽ほどのまとまりがあちこちに!!
ウミスズメ類も多く目につきました。
とーっても贅沢なクルーズとなりました、ありがとうございました。
-------------
ゴジラ岩観光 にリンクをお願いします。
http://kamuiwakka.jp/ryuhyocruising/
以上、よろしくお願い致します。

2011年3月22日火曜日

2011年3月22日(火) 42.230
<野付半島自然情報>
皆さま
いつもお世話になっております。
野付湾の氷も融け始めて、タンチョウも戻ってきました。
夕陽に浮かぶ山々も水彩画のような春色です。

さて、野付半島自然情報をお送りさせていただきます。
どうぞ、皆さん春色になってきた野付半島へ遊びにいらしてくださいね☆

別海町 野付半島ネイチャーセンター 河口真梨より

アビ          オオセグロカモメ        カワラヒワ
オオハム       セグロカモメ           ハギマシコ
オオハクチョウ    シロカモメ            ベニマシコ
コクガン        ワシカモメ            コゲラ
マガモ         ウミネコ             アカゲラ
オナガガモ      ユリカモメ            ヒガラ
ヒドリガモ       カモメ              ハシブトガラ
ヨシガモ        オジロワシ           ゴジュウカラ
クロガモ        オオワシ            ハクセキレイ
ビロードキンクロ   トビ
アラナミキンクロ   ウミスズメ
スズガモ        ウミガラス            など
コオリガモ       ケイマフリ
ホオジロガモ     ウトウ
シノリガモ       タンチョウ
カワアイサ       アオサギ
ウミアイサ
ヒメウ
ウミウ

2011年3月20日日曜日

 平成23年3月9日(水)

 本日は晴天でした。
 本日は遊覧船が出ましたのでナイスショットを送ります。

 
 











(情報・画像提供)
 歯舞漁業協同組合
 本土最東端パノラマクルーズ担当 H氏より



 平成23年3月19日(土)
 <根室の小さな情報>③
 【道の駅 スワン44】
 展望台付近の森に「シマエナガ」

 「鳥みる釣り人」



 
 平成23年3月19日(土)
 <根室の小さな情報>②
 【春国岱】
 タンチョウが5羽、オオワシもまだ
 若干残っているようです。



 「鳥みる釣り人」

 平成23年3月19日(土)
 <根室の小さな情報>①
 【明治公園】
 公園内は静かでしたが、カラ類に混じって
 「コゲラ」が確認できました。

 「鳥みる釣り人」


 
 平成23年3月14日(月)
 <根室の小さな情報>
 【花咲港】
 花咲港も津波の被害を受けました。
 港には珍しい「ウミガラス」

 「鳥みる釣り人」


2011年3月14日月曜日

 3月14日(月) くもり

 <根室市内> 8:00位
  キレンジャク 3羽
  アトリ
  スズメ
  シジュウカラ
  ヒヨドリ
  シメ

 僕の自宅の庭からです
 最近アトリが多くやって来ます。
 今日は珍しくキレンジャクがやって来ました!
 すぐに飛び立って行きました。
 数は少なくなりましたが、まだ市内に残っているんですねぇ。

 根室市観光協会
 熊谷  貴史
 

2011年3月10日木曜日

2011年3月3日(木)
<苫小牧→大洗 航路探鳥> 
コアホウドリ(1)
オオセグロカモメ
セグロカモメ
ウミネコ
ケイマフリ(1)
ウミスズメ(150+)
ハシブトウミガラス(100+)
ウミガラス(2)
クロガモ
コウミスズメ(20+)
オオハム
アビ
*「第4回ねむろバードランドフェスティバル」を無事終えることが出来ました。3月下旬まで神奈川の自宅に戻っております。
雪降る大雪山系を車で越え、根室から9時間かけて苫小牧にたどり着きました。フェリー探鳥は翌日の下北半島沖から開始。海鳥は少ない時期ですが、上記のような鳥が出てくれ結構楽しめました。特に、ウミスズメの多さには圧倒されました。
(イーグル)

2011年3月1日火曜日

 <ナゾの鳥 解明ありがとうございました!!>

  昨日投稿しました花咲港のナゾの鳥(カモ類)について
  先ほどイーグルさんと「民宿たかの」 高野氏が
  花咲港へ行き確認してくださいました!

  結果は ビロードキンクロ オスの幼鳥

                    ということでした。

  くちばしあたりにビロキンの特徴出始めているような・・。
  昨日、数ショット撮りましたので
  記念に掲載しますね。



  根室市観光協会
  熊谷  貴史






























2011年3月1日(火)  54,061
<花咲港のなぞの鳥について>
結論から言いますと、私は、「ビロードキンクロの♂の幼鳥」だと思います。
最初、「コケワタの可能性アリ」と聞いて、色めきたったのですが、やはり、頭の形や体系がコケワタというよりビロキン・アラキン系だと思い、コケワタの可能性は否定。(コケワタはどちらかというとマガモのような体形をしています。) また、翼の白線が1本しかないのもおかしいと思いました。
次にビロキンの♀を疑いましたが、頬の白斑も明瞭ではなく、嘴の前部は何となく赤っぽく見え、しっくりきません。写真を拡大すると、嘴の基部に小さな突起のようなものがあるような気がしました。ということは、ビロキンの♂の幼鳥!、と考えるのが妥当かと思われます。

**先ほど、念のため、現地まで行ってきました。花咲港にはビロキンがたくさん入っていました。
ところが、♂も♀も幼鳥ばかり。♀成鳥は1-2羽居ましたが、♂成鳥は全く見当たりませんでした。落石クルーズで♂成鳥を多く見かけるのと好対象でした。
問題の鳥も発見。スコープで見ると嘴は赤っぽいし、嘴の突起部も良く見えます。やはりという感じでした。(残念!!)
お母さんと子供たちだけで、沖合いの流氷を避け、花咲港に避難してきたのでしょうか?? (イーグル