2013年4月28日日曜日

2013年4月28日(日)  197,111
<奄美大島の野鳥たち> By イーグル
前記事を受けて、今回奄美で撮った野鳥写真を掲載させていただきます。
ルリカケス 美しい! 奄美大島の固有種です。

アカガシラサギ これも美しい夏羽。






コシャクシギ やっと見ることが出来ました!

コシャクシギ 距離は30m。

ズアカアオバト

ガケ崩れの斜面から見下ろす1羽のアマミヤマシギ。


 

 

 

 
アマミコゲラ。黒褐色!

木にとまるチュウサギ。

コシャクシギ。だんだん近づいて来てくれました。20m。

美しい模様のイシカワガエル。姿を見るのは貴重とか。
伏せの姿勢が様になるハナサキカエル。
ハナサキカエルはとてもいい姿勢も取れます。

夏羽のアマサギ。いつ見ても美しい!

2013年4月27日(土)  196,986
<奄美大島 家族旅行>  By イーグル
現在、イーグルは根室を離れ神奈川県の自宅におります。各地で道東の営業活動中です。

今回は休暇。普段離れて暮らす妻に対する罪滅ぼし(?)を兼ねて、4月23日ー26日の4日間の日程で、憧れの奄美大島へ行って来ました。道東の野鳥情報ではありませんが、「番外編」として奄美の最新情報をアップさせていただきます。
(写真は次の記事にアップ)

最終日を除き、連日の雨模様。天候的にはついていませんでしたが、ルリカケス・オーストンヤマゲラ・アマミヤマシギ・リュウキュウ(セレベス)コノハズクなどの憧れの野鳥たちを次々とGETでき、珍しく「ついている」探鳥旅行になりました。また、コシャクシギ・アカガシラサギ・カラシラサギなど渡りの途中の「珍鳥」との偶然の出会いもありました。
また、ナイトツアーでは、アマミクロウサギ(1)の姿や、念願のアマミヤマシギを6羽も見ることが出来ました。
サンコウチョウももう来ていて、美しい声と姿を楽しませてくれましたが、アカショウビンやアジサシ類には時期が早すぎたようでした。ツメナガセキレイはおりましたが、キガシラセキレイ・イワミセキレイ・ヤツガシラ等には遅すぎたようでした。

探鳥地としては、「南部の林道・峠」と「秋名の田んぼ」が一番面白かった。
また、「奄美ネイチャーセンター社」のナイト・ツアーは最高によかった。時期が良かったとガイドさんはおっしゃってましたが、ハイスキルかつとても親切なガイドのSさん。本当に素晴らしいガイディングでした。我々道東のガイドも見習うべき点が多々あり、本当に勉強になりました。

今回は、家族旅行でもあり、野鳥の事前情報はゼロで行きました。
場所も、普段皆さんが足を運ばれる有名探鳥ポイントだけしか回れませんでしたが、それだけで十分でした。ただ、アマミヤマシギをはじめとする夜行性の野鳥の観察には、「奄美ネイチャーセンター」等のナイトツアーに入ることをお勧めいたします。ハブやヒメハブの危険もありますし、ライトを照らしながらの真っ暗な林道の運転もかなりのスキルを要します。
今回も何ら特別な場所に行ったわけではないのに、見たい鳥をほぼすべて見せていただきました。ホテルへの送迎付きで「一人6,000円」は本当にお得だと思いました。

オオトラツグミは、ナイトツアーで1秒ほど飛び去るのを見かけましたが、南部の林道付近やマングローブ公園の道の駅で、早朝、声だけは聴くことが出来ました。「ヒュー」という不気味な声のトラツグミとは全く違う、どちらかというとアカハラ系の「キョロン」というような声でした。両者が別種であるのもうなずけます。
ガイドさんの話に寄りますと、オオトラツグミは姿を見られることは本当に稀という事でした。シマフクロウなどと並ぶ「日本で一番希少な鳥」の一つではないでしょうか? 

コシャクシギには、「宇検村の総合運動公園」で出会いました。何年にも渡り、何回も振られ続けてきた文字通り「コシャクなシギ」。自分的にはやっとケリをつけることが出来ました。うれしかった!
1羽のみでしたが、公園内の芝生の上で悠々と採餌をしている姿。「出来るだけ遠くから撮る」を実行。Canon PowerShot SX50HSで静止画・動画撮りを堪能させていただきました。
バーダーは自分1人だけ。久々に贅沢な時間を過させていただきました。

その他、「秋名の田んぼ」も最高でした。多くのシギ・チに加え、偶然、妻がアカガシラサギ(夏3)とカラシラサギ(1)を見つけてくれました。タカブシギの100羽以上の群れなども感動でした。

「奄美自然観察の森」は、アカヒゲやルリカケス、オーストンオオアカゲラのポイントとして有名ですが、今回は成果ゼロでした。「大瀬海岸」やその後背地も鳥影は薄かったです。夕刻・早朝には行かなかった為、ミフウズラには縁がありませんでした。また、クイナ類・リュウキュウヨシゴイなどにも出会えませんでした。
妻との観光の時間も半分近く取りましたので、じっくり観察しなかったこともあります。実際には、この時期に、丹念に探せばあと10種類以上は見ることが出来たと思います。

ルリカケスは予想以上に「苦戦」する鳥でした。
「声はすれども姿が見えず」状態が多いのと、警戒心が強くなかなかゆっくり観察させてくれません。その中でも、「奄美大島紬村」は穴場でした。理由は現地で!


一般観光では、「奄美紬の着付け体験」と「鶏飯」が最高でした。

4月のGW前の奄美大島。バーダーはほとんど見かけません。
1羽の鳥に数百人が集まるという喧騒に満ちた都会の野鳥観察に比べ、情報に振り回されることもなく、ゆったりとした空間の中でのバーディング。正に至福の4日間でした。

≪確認種・全62種≫
ウミウ(1) *大瀬海岸
アオサギ
アカガシラサギ(夏3) *秋名の田んぼ
クロサギ
ダイサギ
アマサギ
チュウサギ
コサギ
カラシラサギ(夏1) *秋名の田んぼ
ササゴイ
ミサゴ
サシバ
オシドリ(♂1、♀1) *秋名の田んぼ
カルガモ
バン
ハジロコチドリ
オグロシギ
チュウシャクシギ
コシャクシギ(1)  *宇検村の総合運動場
アオアシシギ
クサシギ
タカブシギ
イソシギ
キョウジョシギ
キアシシギ
トウネン
ウズラシギ
ハマシギ
オバシギ
タシギ
アマミヤマシギ(成鶏4羽+ひな2羽) *南部の林道+峠
カラスバト(f1)
キジバト
ズアカアオバト(2)
セレベス(リュウキュウ)コノハズク (多数) *南部の林道
カワセミ
コゲラ
オオアカゲラ(オーストン) (♂1)
ツバメ
リュウキュウツバメ
ツメナガセキレイ(キマユ)
キセキレイ
ハクセキレイ
ムネアカタヒバリ
タヒバリ
ヒヨドリ
サンショウクイ(多数)
アカヒゲ(多数)  *自然観察の森
ノビタキ
イソヒヨドリ
オオトラツグミ(f1+S)  *南部の林道
シロハラ
エゾムシクイ
セッカ
サンコウチョウ(♂1)  *南部の林道
シジュウカラ
ヤマガラ
メジロ
スズメ
ムクドリ
ルリカケス(4)  *自然観察の森、奄美大島紬村
ハシブトガラス
*アマミクロウサギ(1)   
*イシカワガエル
*ハナサキガエル
*オットンガエル
*ヒメハブ

2013年4月27日土曜日

2013年4月27日(土)
<養老牛温泉 藤や シマフクロウ出現情報>
イーグル様
こんにちは、お久しぶりです。
4月に入ってすっかり出現率が低くなったシマフクロウですが、今朝(AM3:30)久しぶりに姿を見せてくれました。
今年は雛が産まれたのかなぁと楽しみにしている所です。

養老牛温泉 旅館藤や

 

2013年4月26日金曜日

2013年4月26日(金)196,618

花咲港

スズガモ
クロガモ
シノリガモ
ヒメウ
ウミウ
アカエリカイツブリ
オオセグロカモメ
ウミネコ
トビ

アオジ
ノビタキ
ベニマシコ
カワラヒワ

牧の内

ベニマシコ
オオジュリン
ノビタキ
ムクドリ
タヒバリ
キジバト
オジロワシ
ハシブトガラス

市内
ツバメ

byたかの

2013年4月24日水曜日

2,013年4月24日(水)196,160

明治公園

ハシブトガラス
ハシボソガラス
キンクロハジロ
マガモ
オオセグロカモメ
シジュウカラ
ノビタキ   3
ベニマシコ 1
ウグイス  2
オジロワシ 1
スズメ
ゴジュウカラ


根室港北防波堤

ウミネコ
オオセグロカモメ
ウミアイサ
スズガモ
シノリガモ
クロガモ
ビロードキンクロ
コオリガモ♂♀ 夏羽
ヒメウ
ウミウ
マガモ
ハクセキレイ
ハシボソガラス


三番川(コタンケシ橋)
ダイサギ
コガモ
キジバト

納沙布岬ハイド

オオセグロカモメ
シロカモメ
ワシカモメ
クロガモ
コオリガモ夏羽
シノリガモ
ウミアイサ
ウトウ
ケイマフリ
アカエリカイツブリ
チシマウガラス海上 1

珸瑤瑁漁港

コスズガモ1
スズガモ10
ヒメウ
ウミウ
オジロワシ
オオセグロカモメ

今シーズンはじめてウグイスの声を聴く事が出来少しずつ春を感じています。
コオリガモは完全の夏羽ですゴールデンウイーク中は見られると思います。
コスズガモの情報をいただき確認してきました珸瑤瑁(ゴヨウマイ)漁港は比較的小さな港です、
漁業活動に支障のないように注意してバードウオッチングしましょう。
byたかの

2013年4月18日木曜日

2013年4月17日(水)  194,568
<お知らせ>  By イーグル
来る5月9日から12日まで、山形県の「飛島」へ行き、落石ネイチャークルーズ・根室のハイドや道東全体の野鳥観光についてセールス・プロモーションを実施します! 
今年は初年度。沢口旅館さんを拠点に、飛島マリンプラザ付近でパンフ配りをしたり、上の道路沿いのグランド付近で小さな出店を出し、パンフなどの配布セールスと道東野鳥観光のコンサルティングを実施します。
同時期に飛島にいらっしゃる方は是非お越しくださいね。飛島にお越しになれば、「グラウンド」は必ず通りかかりますよね。

道東のオンシーズンにバーダーを待つだけではなく、オフシーズンにバーダーを追いかけて全国の探鳥地を訪れる作戦を今年から開始。飛島は「定番化」を考えています。
また、飛島観光協議会さんと根室市観光協会の今後の連携も模索したいと考えています。「鳥がとり持つ縁」というわけです。
**その他、根室は今年度も「英国バードフェア」「台湾バードフェア」「日本バードフェア」「沖縄国頭村との連携・交流会」等へも参加し、積極的に地域(BW観光)の売り込みを行います!

2013年4月5日金曜日

2,013年4月5日(金)191,059

根室港北防波堤

アカエリカイツブリ
ヒメウ
ウミウ
シノリガモ
コオリガモ
ウミアイサ
クロガモ
トビ
オジロワシ
オオセグロカモメ
ケイマフリ

市民の森ハイド

シジュウカラ
ハシブトガラ
ヒガラ
ゴジュウカラ
トビ
オジロワシ
ハシブトガラス

市民の森の雪もすっかり解け小川のせせらぎが耳に響き
道東にも春が来たなあと感じました
小鳥たちは忙しくエサ台に来てヒマワリの種ねをつまんでは、
近くの小枝でつついて食べてました。

北防波堤ではコオリガモが20羽ほどいますがそのうち3羽が夏羽になっていて
夏羽のコオリガモが見られます。         byたかの

2013年4月2日火曜日

2013年4月2日(火)190,207

納沙布岬ハイド  12時~13時

ハイドから海峡を見ているとカモ類が編隊を組んで北の方へ飛んで行って、
夏の海鳥ウトウが日に日に増えています。
この時期のウトウの夏羽はまだ新しいのか夏に見ているウトウとは明らかに
色鮮やかで美しいと気づきました。
亜種アリュ-シャンウミバト夏羽はかなり遠くても羽の白が目立ち冬より探しやすいです。

オオハム 2
アカエリカイツブリ 1
ヒメウ 多
クロガモ
シノリガモ
コオリガモ
ウミアイサ
オジロワシ
オオセグロカモメ
ウミネコ
ワシカモメ
ウミスズメ 1
ケイマフリ 30
亜種アリューシャンウミバト 夏羽
ウトウ 500+

byたかの